アメン=レネフ:未定義のもの

アメン=レネフ未定義のもの

 

信心深いエジプト人は、いかなる人間も定義不可能なものは定義できないことを認識しており、創造された宇宙と意思疎通するにはあまりにも壮大で、人間には知ることのできない無限の力が存在することを信じていた。この力なしではいかなる創造物も存在することができない。

宇宙そしてその周期的な性質の外側にあるものを、古代エジプト人は「アメン=レネフ」と呼んでいた。これはある一つの存在の名前ではなく、不明の要素をもつものという意味の文である。この「知ることができないもの」の領域では、人間の思考に由来する言葉は発することができず、信心深いエジプト人たちは決して言葉を口にしなかった。エジプト人たちがこのことについて言及するときは、以下のようにすべての要素を否定することのみにより可能であった。

– すべてのネテル(男神・女神)が知らない名前を持つもの
– 定義のないもの  [すなわちいかなる人間の言葉でも定義・説明が不可能であるもの]
– 姿を持たないもの
– 形を持たないもの
– 始まりも、終わりもないもの、など。

上記のとおり、古代エジプト人の表現である「アメン=レネフ」は、存在することの本質そのものまでもを超越している。アメン=レネフは、創造主ではなく第一原因でもない。神、創造主、宇宙の主、第一原因、原初のものなど、ここに挙げたすべての言葉は下位原理であり、アメン=レネフとは異なるものである。

エジプト人は、極めて控えめにそれを取り扱い、言葉の裏側にある深い意味を常に頼りにしながら、アメン=レネフという超存在がなければ何も存在できないという意味をふまえ、それについてこれ以上口にすることはなかった。

本質が不明であるアメン=レネフを認識した今、私たちは、自分自身がその一部を構成する創造周期の領域に足を踏み入れることができるのだ。

 

[からの抜粋 エジプトの 宇宙論 生かされている宇宙- 第三版 によって書かれた モスタファ・ガダッラ]

————————————————————————————————————————

本の購入アウトレット:

A-PDF形式はSmashwords.comで入手できます
B-Epub形式は、Kobo.com、Apple(https://books.apple.com/…/moustafa-gadalla/id578894528)、およびSmashwords.comで入手できます。
C-MobiフォーマットはSmashwords.comで入手できます。